防災意識

東日本大震災から6年経過し、熊本地震からも1年が経った。3.11も東京都文京区千石で地震にあった。激しく揺れたし、余震がおさまらなくて不安だったっけ。

9月1日が防災の日なんだけど、どうも経験した3.11のあった春になると震災を思い出すので、新しい年度が始まる4月に防災グッズを見直すことにしている。備蓄はあるので大丈夫。

誰か持っているだろうから、自分が用意しなくてもいいや誰かから避難先で貰おう。という事が無いように、各々がしっかり準備することが大事だと思う。


用意してあるリュックを見ると小さいし、中身もちょっと微妙。これで昨年チェックしたのかな?と自分を疑いたくなる内容。ただ、去年が賞味期限のカロリーメイト フルーツ味が無くなっているところを見ると、要らなさそうな物だけ整理したっぽい。ダメじゃん自分。

ってことで、貴重品など非難するのに必要そうな物を調べていると、今の20Lくらいのリュックじゃやっぱダメっぽい。

登山用のリュックなら歩くのにも疲れないし、仮に旅行で使うことになってもいいようにと、40Lくらいのバックパックを物色。

日本の会社のがいいなと思い、メーカーはモンベルに決定。40Lくらいでイロイロ悩んで選んだのは、モンベル グラナイトパック 40。雨が降っても大丈夫なように、モンベル バッグカバー(ジャストフィットパックカバー40)も購入。

リュックの中身を見ると、懐中電灯とかはあるけど、タオルが少ない。避難所じゃ洗濯も難しいからタオルは多めでも困らないはず。タオルはかさばるから、何かいいものが無いか検索すると、水を使わずにほぐれる圧縮タオル、コンパクトタオルセットがあった。ポケットティッシュくらいのサイズでタオル2枚は便利そうなので、これも購入。

バックパックが届いたら、奥さんの分、自分の分ときちんと避難バッグを作らないと。


文京区の避難先は、文京区のHPパンフレット・ハザードマップ等文京区防災地図の防災地図のpdfか、文京区のHP防災緊急避難場所・避難所などで確認。

文京区在住の人や働いている人はちゃんとチェックしないとね。

Topへ